News:ニュース速報 2002年8月7日 04:14 PM 更新

日立など3社、モバイルコマースの普及を目指すコンソーシアムを設立

日立製作所と松下電器産業、東芝の3社は8月7日、モバイルコマースの普及を目指す「MOPASSコンソーシアム」を8月30日に設立すると発表した

 日立製作所と松下電器産業、東芝の3社は8月7日、モバイルコマースの普及を目指す「MOPASSコンソーシアム」を8月30日に設立すると発表した。

 コンソーシアムは、3社と独Ingentix、米SanDiskが発表したフラッシュメモリカードにセキュリティ機能を統合するための「モバイルコマース(MC)拡張規格」(7月25日の記事参照)に準拠し、応用アプリケーションを搭載するカード「MOPASSカード」を普及させるのが目的。

 また同カードを利用した応用アプリケーションの検討を行っていくほか、モバイルコマースに関するセミナー・ワークショップなどを開く。

 3社はさらに、同カードの発行や認証などサービスインフラの検討や仕様の策定、実証実験などを行うほか、今秋以降に、実証実験用カードとサービスインフラを提供するとしている。

 同コンソーシアムには10社以上が参加する予定。さらに、携帯端末メーカーや通信事業者、金融機関、サービスプロバイダーなどにコンソーシアムへの参画を呼びかけていく。

関連記事
▼ 日立、松下など5社、メモリカード用モバイルコマース標準規格を策定

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -