News:ニュース速報 2002年10月31日 06:40 PM 更新

ライブドアが民事再生手続きへ オン・ザ・エッヂが事業を継続

無料ISP「livedoor」を運営するライブドアは10月31日、東京地裁に民事再生手続開始を申請した。帝国データバンクによると、負債額は約16億円

 無料ISP「livedoor」を運営するライブドアは10月31日、東京地裁に民事再生手続開始を申請した。帝国データバンクによると、負債額は約16億円。ISP事業はオン・ザ・エッヂが11月29日付けで取得、現行サービスを継続する。

 ライブドアは1999年8月に設立され、無料ISP「livedoor」を同11月にスタートした。接続料が無料なことから人気を集め、今年5月末時点で約150万人の会員を抱える無料ISP最大手。収入は広告と回線使用に対するキックバックから得ていたほか、登録会員の個人情報を活かしたマーケティング事業も手がけていた。今年2月にはNECが資本参加した。

 だが2002年7月期は売上高19億2400万円に対し、経常利益は17億5600万円の赤字。インフラへの投資と広告宣伝費、機器保守や人件費などの負担から累積債務が拡大。リストラを進めていたが黒字転換が見込めないため、民事再生と営業譲渡による事業再建を選択した。

 オン・ザ・エッヂはコンシューマ向け事業の拡大を進めており、ISP事業の取得で基盤を強化する。取得額は1億2000万円から2億円の間。原則として債務は引き継がない。

 オン・ザ・エッヂによると、ライブドアISP事業のリストラは営業権の移行で完了。移行初月から単月黒字化するとしている。無料ダイヤルアップ接続サービスはサービスエリアを拡大して継続、無料Webや掲示板など全サービスを原則として継続するとしている。

関連記事
▼ 5年後には会員数1000万人――ライブドア
▼ NEC、ライブドアに出資 マーケティングDBを共同活用
▼ ライブドア、メールマーケティングを本格的に開始

関連リンク
▼ ライブドア
▼ オン・ザ・エッヂ
▼ 帝国データバンク

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -