News:ニュース速報 2002年12月3日 10:26 AM 更新

11月もBugbearがウイルス首位に

Sophos公表の流行ウイルスリストでは、10月に続いて11月もBugbearがトップ。11月の2位は新登場のBraid、3位がKlez.Hとなっている

 ウイルス対策企業Sophosの発表によると、11月に最も蔓延したウイルスは「Bugbear」。同社の流行ウイルス10位リストで2カ月連続の首位となった。

 Sophosのリストでは、9月まで7カ月にわたって「Klez.H」が首位をキープしていたが、10月になってついにKlez.HからBugbearへとトップが交代していた(11月2日の記事参照)。だがKlez.Hは11月のリストでもまだ3位に入っている。

 11月はまた、新たに発見されたウイルス「Braid」が2位に浮上した。これは添付書類付きの電子メールワーム。Microsoftのソフトの脆弱性にパッチを当てていないと、メールをオープンしてすぐ自動起動する(11月6日の記事参照)。

 さらに11月は、「FunLove」(W32/Flcss)と「Spaces」の2種がトップ10リストの6位と7位に再登場した。

 Sophos公表の11月のウイルストップ10は以下の通り。

1. W32/Bugbear-A 29.4%
2. New W32/Braid-A 8.5%(ランク初登場)
3. W32/Klez-H 7.7%
4. W32/Opaserv-A 5.4%
5. W32/Opaserv-C 5.1%
6. W32/Flcss 4.6%
7. W95/Spaces 3.3%
8. W32/Opaserv-F 2.5%(ランク初登場)
9. W32/Opaserv-B 2.1%
10.W32/Opaserv-D 2.0%

関連記事
▼ Bugbearウイルス感染拡大の4つの理由

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -