News:ニュース速報 2003年2月25日 05:25 PM 更新

「LovGate」に国内各社が警告


 感染被害が広がっている新種コンピュータウイルス「LovGate」について、国内アンチウイルスソフト各社は2月24日夜から25日にかけて相次いで警告した。

 日本ネットワークアソシエイツ(同社による名称は「W32/Lovgate@M」)は、同ウイルスについて危険度を「中・要注意」に指定。Webサイトに情報を公開して注意を呼び掛けた。

 トレンドマイクロ(同社による名称は「WORM_LOVGATE.C」)は、危険度を「VAC-3」(5段階、VAC-1が最大)として警告。2月24日午後7時時点で世界で15件、うち国内3件の感染被害報告があったとしている。

 シマンテック(同社による名称は「W32.HLLW.Lovgate.C@mm」)は、同ウイルスについて感染力が「高」、ダメージ「中」とした。

 各社とも既にウイルス定義ファイルを更新済み。ユーザーはアンチウイルスソフトの定義ファイルを即座にアップデートする必要がある。

 同ウイルスは2月19日に発見された新種ワーム。実行すると「System」(NT系ではSystem32)フォルダに「WinGate.exe」「rpcsrv.exe」「syshelp.exe」「winrpc.exe」「WinRpcsrv.exe」という自身のコピーを作成し、レジストリを改変してOS起動のたびに自身を実行。ポート10168から外部のクラッカーに感染を通知するバックドアを持つ。またOutlookなどMAPI対応メールソフトに届いた受信メールに自身のコピーを添付して送信する。

関連記事
▼ LovGateワーム、日本などで感染拡大

関連リンク
▼ 日本ネットワークアソシエイツ「W32/Lovgate@M」詳細
▼ トレンドマイクロ「WORM_LOVGATE.C」詳細
▼ シマンテック「W32.HLLW.Lovgate.C@mm」

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -