News 2003年3月19日 09:33 PM 更新

「でも、燃やせるだけじゃないんです」 ――ルーポの段ボールPCBOX

いらなくなったら燃やして捨てられるという環境にやさしい段ボールPCBOX。しかし開発元のルーポに話を聞くと、それだけではないようだ

 話題になっているルーポの燃やして捨てられるPCケース「段ボールPCBOX」。同社のWebページでも、またすでに紹介しているメディアなどでも、この「燃やして捨てられる環境に優しいPCケース」点がうたい文句になっているが、話を聞いてみるとメインのコンセプトはどうも違うようだ。


段ボールながら、丁寧な作りで気品さえ感じさせる「段ボールPCBOX」


切り抜いて貼り付けたロゴもさりげなくかっこいい。なんとオーダーメイド(英字のみ)でロゴ作成サービスもあるらしい


PCケースの基本「メンテナンス性」も良好。ネジなしで、すっと引き出せばもう中身に手を入れられる

 「これ、燃やして捨てられるんですよねー」。

 「いやー、自宅で燃やすのはチョット大変かもしれませんよ」。

 「ええっ?」。

 もちろん、段ボールなので資源ごみとして処分できる(もっとも記者の住んでいる横浜では有料になってしまうのだが……)し、切り刻んで指定のごみ袋に入れれば「燃えるゴミの日」に捨てるという裏技もあるらしい。

 だが、「もともとは、『無印良品』がデザインの出発点なんですよ」(ルーポ)。パワーユーザー向けによくある「とりあえずPCパーツを突っ込んでおこう」系PCケースと思いきや、意外にも年末注目された球形PC「Artemis」と同じ“インテリア系路線”だったのだ。

 「段ボールの素材感を何よりも優先させたかった」が基本コンセプトで、とにかく紙だけで作りたかったため、「マザーボードの固定にもネジを使わなかった」徹底ぶり。マザーボードは裏からはめ込むようになっており、さらに熱対策のために上げ底にして空間を確保するなど、細かい技が随所に見られる。デザインが何よりも優先されるあたり、ソニーの「バイオノートZ1」にも負けていない(?)。


マザーボードはネジでなく、四隅の切れ込みと真ん中にある「ツメ」で抑えるようになっている


このように基板台座の裏側からマザーボードをはめ込んで、「上げ底」を内側に折り込んで基板を押し付けるようにして固定する


基板台座を裏から見る。上げ底にして空間を設け、隙間を空けて空気を循環させる。これで熱対策を施しているそうだ


記者が注目したドライブベイ構造。これもドライバなしで、すっと持ち上げればOK

 段ボールPCBOXの形状は、強度維持を考慮して共同開発のBOXMASTERが考案したオリジナルのもの。ただし段ボール紙は規格のものを使っている。ちなみに段ボールは強度に影響する「材質」と厚さに影響する「厚み」、そして箱としての形に影響する「形状」という規格がある。

 今回開発したPCケースは、「厚さ」にB段(約3ミリ)とE段(約1.5ミリ)の2種類、「材質」に上から3番目の強度になる「K5」、形状としては「B式」に則っている。

 現在同社のWebページで紹介されているのは、JetwayのキューブPC「miniQ」のパーツを流用した試作品。ケースサイズもminiQに搭載されているB650DF(socket478、SiS651+SiS962、AGP×1、PCI×1)に合わせて設計されている。


右がモデル、というかパーツ取りに使われてしまったJetwayのminiQ。キューブ型ながらAGPスロットあり、フロントにインタフェースありと、なかなか使えるやつ

 ただし、製品版はVIA TechnologiesのEPIAマザー専用となるのは、同社のWebページにあるとおり。ここで問題になるのはやっぱり熱。段ボールの発火点はかなり高いので、使っていていきなり燃え出すということはないものの、高温状態で使い続ければ、劣化は避けられないらしい。

 そのため、現在、製品版ため大幅な改良作業を行っている真っ最中。実装CPUに関しては「まず低クロック版のEPIAを搭載し、熱テストを行ってからだんだんクロックを上げていく」。

 それでもルーポでは4月中旬から下旬に販売開始予定。実売は1万5000円程度(ただし 電源ユニットなし)。「売れる売れないは別として、笑ってもらえればいい」とは言うものの、同じことを言っていたArtemisが大反響だったりするので、この段ボールPCBOXも、けっこうブレイクするのではと、記者は勝手に思っていたりする。

 ただ、できることなら今のB650DFベースも製品化してほしいところ。FSB533MHz版Pentium 4対応、AGPスロット搭載ときたらパワーユーザーにも受けるはず。

 「Artemisも電源内蔵してくれたし、今度もお願い聞いてもらえますよね?」

 「いやー、はっはっは」



関連記事
▼ ハロ似の“球形PC”に息づく「職人魂」
ありそうでなかった「球形PC」が、年の瀬のPC業界に話題を振りまいている。キレイな球形を低コストで実現するのに欠かせなかった日本伝統の加工技術や、直径25センチを可能にしたテクノロジー、そして“アレ”にそっくりなカラーリングの意図とは?

▼ ガルウイングなPCケース現る
▼ 球形PC、地球儀に

関連リンク
▼ ルーポ
▼ BOXMASTER

[長浜和也, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -