News:ニュース速報 2003年9月17日 07:24 PM 更新

日本HP、「アラン・ケイプロジェクト」推進の京都市にPC寄贈


 日本ヒューレット・パッカード(HP)は9月17日、京都市教委にPCなど172台(3500万円相当)を寄贈した。京都市はアラン・ケイが提唱した子ども向けコンピュータ教育プログラムを推進しており、寄贈された機器は同市内の小中学校で活用される。

 ノートPCとデスクトップPC合計122台のほか、サーバやプリンタ、プロジェクタなども含まれる。

 同市教委は2002年9月、「アラン・ケイ プロジェクト」を市内5校でスタートした。米Hewlett-Packardフェローのケイが考案した子ども向けプログラミング言語「Squeak」を使用し、発達段階を踏まえたコンピュータ教育に取り組んでいる。

 これまで各校ではコンピュータ教室でしかPCを利用できなかったが、寄贈により通常教室に2台ずつ設置でき、児童生徒が自由に使用できるようになる。

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -