News:ニュース速報 2003年9月17日 07:36 PM 更新

電話番号利用のネット基盤「ENUM」実証実験グループが発足

電話番号を使ってIP電話や電子メールを統一的に利用できるようにする通信サービス基盤「ENUM」の実証実験に取り組む「ENUMトライアルジャパン」が9月17日に発足。トライアルDNSの運用や技術的な検証を行う。

 電話番号を使ってIP電話や電子メールを統一的に利用できるようにする通信サービス基盤「ENUM」(イーナム)の実証実験に取り組む「ENUMトライアルジャパン」(ETJP)が9月17日に発足した。日本ネットワークinフォーメーションセンター(JPNIC)や通信事業者、メーカーなどが参加し、トライアルDNSの運用や技術的な検証を行う。


 ENUMは電話番号を一意のインターネットアドレスとして利用できるようにする技術(関連記事を参照)。IETF(Internet Engineering Task Force)委員会で規格が承認され、欧州や中国などでトライアルが始まっている。

 ETJPはJPNICと日本レジストリサービス(JPRS)、WIDEプロジェクトが発起人として企業20社が参加し、後藤滋樹・早稲田大学理工学部教授が会長に就任した。

 トライアルは、(1)9月−:通信機器やソフトの動作検証、(2)12月−:通信サービスの動作検証、(3)2004年4月−:ユーザー参加による利用も含めたサービス全体の動作検証──の3段階を計画している。各国が取り組むトライアルとの連携も図っていく。



関連記事
▼ 連絡先の番号は1つでOK――「Enum」技術をめぐる戦い
電話番号をインターネット上の一意のアドレスと認識する「Enum」技術に対する期待は大きい。だがその実用化にはインターネットと電話システムという既存の巨大システムと利権が絡むだけに、状況は複雑だ。


関連リンク
▼ ENUMトライアルジャパン

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -