News:ニュース速報 2003年10月1日 10:17 PM 更新

あのジャンキーサイトに「更新支援金」 ネトランがツールとサイトにまた寄付金


 ぶっこ抜き系月刊誌「ネットランナー」(ソフトバンク・パブリッシング)は、優れたPC用ツール作者に「寄付金」を贈る「ベスト・オブ・悪用厳禁ツール」を今年も実施する。今回から「ベスト・オブ・常習者(ジャンキー)サイト」も加わり、総額500万円の「大盤振る舞い」だとしている。

 ツール部門は、この1年で新バージョンが登場した中から「独自の視点」でベストツールを決定する。寄付金総額は300万円で、大賞は100万円。ノミネートツールはストリーミング保存やDVDバックアップなど……。

 新設されたサイト部門は「ネトラン者たちをインターネット中毒にしてくれた超面白&役立ちサイト」を表彰するもので、「更新支援金」名目で総額200万円を送る。ノミネートサイトは「ネット/一般ニュース」から「画像日記」「萌え情報」などにカテゴリー分けされているほか、「文芸ジャンキー・パラダイス『ジョジョの奇妙な冒険』決めポーズ教室」「新宿アルタにモナーが映る!」といった「話題になったサイト」も。

 昨年はツール部門大賞に「Winny」が選ばれたが、同誌のT編集長によると「受け取ってもらえなかった。その代わり『私が作者です』というニセメールがいっぱいきた」。受け取ってもらえそうにないのを見越してWinnyを選んだのでは決してなく、ちゃんと寄付金・更新支援金は払う用意がある、という。

 発表は10月8日発売のネットランナー11月号で。大盤振る舞いを発表する同号らしく、表紙地が金の箔押しという「業界初の快挙」(T編集長)が目を引きそうだ……。

関連記事
▼ ネットランナー、機能強化に期待するフリーソフトに寄付金

関連リンク
▼ ネットランナー

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -