News:ニュース速報 2003年10月16日 04:27 PM 更新

時速330キロの車と無線LANハンドオーバーに成功 NEC


 NECは10月16日、時速330キロで高速走行する車両と無線LANを使って連続画像通信を行うことに成功したと発表した。高速IPハンドオーバー技術を活用したもので、列車内からのインターネット接続サービスなどで新技術の実用化を目指す。

 日本自動車研究所の高速周回路に、IEEE 802.11b無線LAN基地局を500メートル間隔で4局設置。車両にはNetMeetingが搭載され、センターと通信する。高速走行中も各基地局間でのハンドオーバーがシームレスに行われ、スムーズに画像通信が行えることを確認した。

 時速100−300キロで移動中の車両からWeb閲覧や電子メール送受信が行えることも確認。数百キロ範囲での大規模ネットワークでも優れた性能を確保でき、車両からのネット接続サービスや高速道路・鉄道の監視システムへの適用を図る考えだ。

関連記事
▼ ハンドオーバー 【hand-over】(IT用語辞典)
▼ ハンドオーバー【はんどおーばー】(モバイル)

関連リンク
▼ NEC

[ITmedia]

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -