速報
» 2004年04月27日 10時25分 UPDATE

Sun幹部、「J2EE 1.5」を語る

Sun Microsystems幹部はJ2EE 1.5については6月後半のJavaONEカンファレンスで討議し、年内に固める予定だと語った。J2EE 1.5は開発のしやすさや、メタデータサポートなどの機能を提供する。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米サンフラシスコで4月26日開催されたSun MicrosystemsのJ2EE 1.4キックオフイベントで、同社幹部が後続バージョン「J2EE 1.5」について言及した。次期バージョンでは、開発のしやすさに力点を置くという。

 同社Java Webサービス/ツールマーケティング担当副社長のジョー・ケラー氏は、J2EE 1.5については6月後半のJavaONEカンファレンスで討議し、年内に固める予定だと語った。

 J2EE 1.5は、最近発表されたJ2SE 1.5を手本に、開発のしやすさや、メタデータサポートなどの機能を提供する。J2SE 1.5のメタデータ機能では、追加の注釈データをJavaクラス、インタフェース、フィールドと一緒に関連付けることができる。

 最近リリースされたJ2EE 1.4はWebサービス対応が高く評価されたが(2003年11月21日の記事参照)、ケラー氏は、開発をしやすくすることも、Webサービスと同じくらい重要だと強調した。

 キックオフイベントのパネルディスカッションでは、Javaプログラミング言語をオープンソース化する可能性についての質問も出た。Javaは、オープンソースではないが、Java Community Process(JCP)を通して修正案を出すことはできる。

 Javaのオープンソース化を提案しているIBMの代表は、この問題についてはSunと予備交渉を続けていると述べた。

 だが、オープンソースアプリケーションサーバで知られるJBossのマーク・フルーリCEOは、皮肉混じりに「Sunの世話焼きぶりはJavaで大きな成功を収めている」と語り、Javaのオープンソース化に懐疑的な見方を示した。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -