ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年11月12日 10時58分 UPDATE

Pentium M、米小売市場でようやく浸透開始

モバイルプロセッサPentium Mが、登場以来1年半でようやく米小売市場にも浸透し始めた。

[IDG Japan]
IDG

 米調査会社Current Analysisによると、1年半前に登場したIntelのモバイルプロセッサ「Pentium M」が、ようやく米国でもコンシューマーの間に浸透し始めた。

 10月の米小売市場で、Pentium M搭載製品はノートPC販売台数の23%を占めた。Mobile Pentium 4を搭載したデスクトップ代替用のノートPCも、まだかなりの割合を占めてはいるが、Pentium Mの値下げにより軽量薄型ノートPCが魅力的な価格で小売りされるようになったためだとCurrent Analysisのアナリスト、サム・バブナニ氏は分析している。

 Pentium Mは、Intel初のモバイル環境専用プロセッサとして2003年3月に登場した。最初のターゲットユーザーはビジネス顧客とされ、モバイルチップセットと802.11ワイヤレスチップとともにCentrinoプラットフォームとして出荷された。当初、テスターやユーザーは、デスクトップ並の性能とバッテリー駆動時間の長さを歓迎したが、コンシューマーは、このプロセッサにすぐに飛び付こうとはしなかった

 バブナニ氏によると、それは一つにはIntelが、2003年中はPentium Mの利点をコンシューマーに啓蒙することにあまり時間を割かなかったからだが、米国のコンシューマーは過去2年間、大型のディスプレイを搭載した、もっとサイズが大きくて高性能な、デスクトップ代替ノート製品に夢中だった。このタイプのノートPCは出張には向かない。だがノートを持ち歩かず、ACアダプタを外すことのあまりないユーザーの場合は、これで十分だった。

 米国では今年9月まで、このトレンドに変化は見られなかった。実際、東芝やHewlett-Packard(HP)は過去数週間、マルチメディアPCを求めるユーザー向けに、ワイドスクリーンを搭載し重量のあるノートPCを投入している。

 Intelによると、この現象は米国市場に限られたこと。欧州やアジアのコンシューマーは、もっと小型のノートPCを好んでおり、これらの地域でのPentium M搭載ノートの売れ行きは米国より好調だという。

 Current Analysisのデータには、直販PCベンダーDellの販売台数が入っていない。DellはビジネスノートPCのLatitudeでPentium Mを採用しているが、同社のコンシューマー向けサイトに掲載された8種のノートPCのうち、Pentium M対応は半数となっている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.