速報
2005年02月25日 19時38分 UPDATE

2004年国内PCサーバ出荷は40万台超、さらに拡大へ

MM総研によれば、2004年の国内PCサーバ出荷台数は前年比18.7%増の40万9900台に。2005年はさらに好調と予測している。

[ITmedia]

 MM総研は2月25日、2004年の国内PCサーバ出荷概況を発表した。出荷台数は前年比18.7%増の40万9900台に拡大した。2000年問題時に導入したシステムや古いNTサーバの買い替えが大手・中堅・中小など民間企業を中心に活発化した。

 一方で、出荷額は同4%増の1800億円にとどまった。売れ筋が低価格商品に集中したためという。

 メーカーシェア1位はNEC(22.1%)が維持。続いてデル(18.8%)、日本ヒューレット・パッカード(16.6%)、富士通(15.3%)、日本IBM(15.2%)、日立製作所(6.5%)、東芝(4.2%)。東芝を除き国内大手が軒並みシェアを減らす中、外資3社は拡大。日本HPは前年比31.3%増と調査対象企業のなかでもっとも高い伸びを記録し、富士通を抜いた。デルが同21.9%増、日本IBMも同22.7%増となり、外資3社の合計シェアが50.6%と半数を超えた。

sk_m2ri.jpg 出典:MM総研

 今年は2004年以上に景気回復に伴う雇用増やIT設備投資が本格化し、ユーザーニーズも低価格商品一辺倒から抜けだし、多様化すると予想。上半期は前年比13%増の22万台、下半期は同16%増の25万台、年間トータルでは15%増の47万台に達し、過去最高を記録すると予測した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -