速報
» 2005年09月02日 08時25分 UPDATE

独家電見本市のIFA開幕、展示はデジタルが独占

ベルリンで開催される大規模な家電見本市IFAは、高精細テレビや携帯テレビ電話などのデジタル製品が主役となっている。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 9月2日から独ベルリンで開幕する家電見本市のIFAでは、アナログを見つけるのはほとんど不可能だ。展示されているガジェットは、最新世代の液晶ディスプレイやプラズマスクリーンから新型の高精細テレビ(HDTV)、携帯テレビ電話、超マルチフォーマットのDVD/HDDレコーダーに至るまで、ほぼすべてデジタル技術が支配的となっている。

 家電とITの境界が薄れる中、展示する側からも参加者側からも、この展示会への関心は目に見えて高まっている。

 IFAは2年ごとに開催され、会期は6日間。大手ITメーカーのAcer、Intel、Siemensなどのほか、家電大手のキヤノン、Koninklijke Philips Electronics、LG Electronics、松下電器、ソニー、Samsung Electronicsなどが出展している。

 展示社数は15%増えて40カ国からの約1200社となり、うち3分の1以上が初出展。来場者は28万人が予想され、主催者によれば過去最大規模のIFAとなる。

 今年最大級のテーマはHDTVだ。この技術は20年近くも構想段階にありながら、各種部品のコストが高くつき過ぎて立ち上げられない状況だった。しかしこの状況は変わりつつある。複数ベンダーが価格を抑えたHDTVを展示、ドイツの有料テレビPremierなど欧州の放送局も多数が11月にHDTVサービスの提供を計画している。

 無線経由でテレビ信号を受信できる携帯電話も注目される。SiemensとNokiaは新しいDVB-H(Digital Video Broadcast-Handheld)標準をベースとした携帯テレビ電話の展示を計画している。携帯テレビシステムの開発に貢献したベルリンのHeinrich-Hertz-InstituteとFraunhofer Institute for Information Technologyは、各種の端末でこの技術のデモを実施する予定。

 日立は、1Tバイトの容量を備えた初のマルチフォーマットDVD/HDDレコーダーを展示する。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -