ニュース
» 2006年09月16日 07時52分 UPDATE

AOLのテッド・レオンシス副会長、実務から引退

AOL創設者スティーブ・ケース氏の腹心、テッド・レオンシス副会長が、現在の実務から来年1月1日付で退く。

[ITmedia]

 米AOLは9月15日、1993年以来AOLを支えてきたテッド・レオンシスAOL副会長兼オーディエンスビジネス担当社長が、来年1月1日付で同社長職から退くとともに、実務を離れると発表した。副会長の肩書きは維持するが、これまでのマネジメントの責務からは退き、相談役として勤務する。

 AOLのジョン・ミラー会長兼CEOは、「テッド・レオンシスはAOLを1度ばかりか、2度作り上げた」と同副会長の業績を評価。レオンシス副会長は1990年代にはAOLを巨大事業へと育て上げ、2002年以降は同社がダイヤルアッププロバイダーから統合Webサービス事業へと転換するのに大きく貢献した。

 同氏は引退の理由として、所有するスポーツチームや取り組んでいる映画撮影、慈善活動などにもっと時間を注ぎたいと説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -