ニュース
» 2007年03月30日 07時31分 UPDATE

HDTVコンテンツ売り上げ、アジア太平洋地域で急増

アジア太平洋地域における2006年のHDTVコンテンツ配信による売り上げは32億ドル、2012年には80億6000万ドルに達する見込みだ。

[ITmedia]

 さまざまな障壁は残っているものの、アジア太平洋地域におけるHDTVコンテンツ配信は急速に普及している――米調査会社In-Statが3月29日に報告した。

 In-Statによると、同地域における2006年のHDTVコンテンツ配信による売り上げは32億ドルで、2012年には80億6000万ドルに達する見通しという。オーストラリア、中国、日本、韓国、シンガポールのアジア太平洋地域5カ国の、テレビを所有する990万世帯以上が、2006年末時点でHDTVのコンテンツを受信、視聴しており、今後3年間でこの世帯数は急速に伸びると期待されている。

 また、同地域におけるHDTV受信機所有世帯数は、2012年には4210万世帯に到達する見通し。HDTVコンテンツ開発では現在日本が先行しており、2006年末時点で850万世帯以上がHDサービスを受信しているという。

 In-Statによると、収益増を狙うCATV業者および衛星テレビ業者は、HDTVコンテンツをプレミアムサービスとして売り込んでいる。また地上波放送局も、HDTVを有料テレビサービスへの対抗手段としている。

 無料の地上波放送におけるアナログからデジタルへの移行では、政府が重要な役割を果たしている。中国を含む一部の国では、HDTVコンテンツ開発を政府が主導している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -