ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2007年06月19日 18時09分 UPDATE

Twitterで“neco”を飼える「necoったー」

Twitterでネコ型バーチャルペット「neco」とフレンドになり、コメントをもらったりえさの世話をしたりできるサービスが始まった。

[ITmedia]

 アークウェブはこのほど、Twitterでバーチャルペット「neco」のアカウントを作成してフレンドになり、コメントをもらったりえさの世話をしたりできるサービス「necoったー」を始めた。

画像 「なつき度」をランキングで表示

 necoは「ネコ型の新生物」という設定。好きなデザインのnecoを選び、Twitterのユーザー名、パスワード、necoの名前(半角英数字)、生活リズム(「のんびり」「普通」「廃人」)を登録して利用する。

 登録すると、neco用のTwitterアカウントが作成され、necoがユーザーのフレンドとなる。necoは適当なタイミングで「フガガ」「ウニョニョ」などといったコメントを投稿し、ユーザーとコミュニケーションしようとする。

 necoはお腹がすいていると「ハラヘ」、排泄すると「プリリ Ω」と投稿。ユーザーは、えさをやるコマンドや掃除用のコマンドを「@記法」でnecoに送信すると、えさをやったりふんを掃除したりできる。

 ユーザーがnecoとうまくやり取りをすると、necoの「なつき度」が上がる。なつき度は、necoったーのサイトでランキング表示する。

 すでに6月12日から試験公開しており、200人以上のユーザー利用しているという。今後は、neco同士がフレンド登録できるようにするほか、英語版も作成する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.