ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年07月11日 10時22分 UPDATE

McDonald's、「未来のキッチン」導入でエネルギー節減

McDonald'sがキッチンシステムに採用したEchelonのネットワーク技術は、既存の電力線を活用し、設備のインテリジェントな分散制御を行う。

[ITmedia]

 ネットワークインフラの米Echelonは7月10日、同社の「LonWorks」プラットフォームが、ファストフードの米McDonald'sの「未来のキッチン」システム構築に採用されたと発表した。電力線経由でデータ交換を行う電力線通信技術を、キッチン機具間の通信に活用する。

 電力線通信技術は、既存の電力線を利用するため導入が容易なほか、エネルギー消費も軽減可能だという。McDonald'sでは、キッチン機具間のコミュニケーション媒体として、無線ネットワークなどの活用も検討したが、信頼性とコスト面から同技術の採用を決めたという。「未来のキッチン」システムでは、サーバで各キッチン機具からの情報を収集・管理し、衛生管理手法「HACCP」の要件に沿った情報の記録も可能。McDonald'sでは、システム導入により、データ収集やリポート作成に掛かる手間に加え、データ記録のエラーも軽減できると期待している。

 LonWorksプラットフォームは、店内の暖房や排気、照明システムにも利用でき、キッチンシステムと統合し、店舗全体でエネルギー管理も一元化することが可能だという。

 McDonald'sでは、新システムの導入は「環境への責任とエネルギー管理で業界リーダーになる」との同社の取り組みの表れだとしている。

関連キーワード

エコロジー | マクドナルド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.