ニュース
» 2008年02月28日 08時48分 UPDATE

MSとCisco、Windows Server 2008とWAN高速化製品の統合で提携

CiscoのアプライアンスにWindows Server 2008の機能を統合した、ブランチオフィス向けのソリューションが発売される。

[ITmedia]

 米Microsoftと米Cisco Systemsは2月26日、WAN環境でのアプリケーション性能強化のためのCisco製アプライアンスにWindows Server 2008の機能を統合し、ブランチオフィス向けのソリューションとして提供していく計画を発表した。

 「Cisco WAAS(Wide-Area Application Services)」シリーズのアプライアンスにCiscoが仮想化コンポーネントを組み込み、顧客が既存のブランチオフィス用ネットワークインフラを使ってDNS、DHCP、Active Directory、プリントサービスなどのWindows Server機能をホスティングできるようにする。

 Ciscoから、仮想化コンポーネント入りでWindows Server 2008をプリインストールしたアプライアンスが年内に発売される。両社はテストや検証で協力するほか、顧客サポートを共同で行う。Microsoftはリセラーや顧客に対するこの製品の販促活動にも協力する。

 Microsoftは、企業はこのアプライアンスを導入することで、リモート拠点に対するWindows Server 2008サービスの提供、管理を簡易化できるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -