ニュース
» 2008年04月10日 09時21分 UPDATE

日本IBM、新サーバプラットフォーム「Power Systems」発表

日本IBMは、PowerベースのミッドレンジサーバとUNIXサーバを統合した新プラットフォーム「Power Systems」を発表した。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月9日、PowerベースのミッドレンジサーバとUNIXサーバを統合した新プラットフォーム「Power Systems」を発表した。

 ミッドレンジサーバ「System i」とUNIXサーバ「System p」を統合。小・中規模システムから大規模システム・HPCまで、ユーザーのニーズに柔軟に対応できるとしている。POWER6サーバ上のOSを、AIX、i/OS、Linuxから選択でき、仮想化機能「PowerVM Edition」を活用すれば、LPAR(論理区画)により1台のサーバ内で複数OSの混在も可能だ。

 同時に新製品4機種を発表。POWER6/5.0GHz最大64コアと最大4Tバイトメモリの構成が可能なハイエンドモデル「Power 595」など。

関連キーワード

サーバ | IBM | POWER6


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -