ニュース
» 2008年06月23日 19時44分 UPDATE

オプティキャスト、スカパー!光で新サービス 帯域拡大

オプティキャストは、、スカパー!光の伝送帯域を拡大した新サービスを始める。アップコンバータ無しでBSデジタル放送全チャンネルが視聴できる。

[ITmedia]

 オプティキャストは6月23日、NTT系のFTTHを利用した映像配信サービス「スカパー!光」のネットワーク伝送帯域を拡張し、BSデジタル全12チャンネルを視聴できるようにした新サービス「スカパー!光 ホームタイプ ワイド」を7月1日に始めると発表した。

 現在の伝送帯域(70〜770MHz)ではBSデジタル放送をダウンコンバートして配信し、ユーザー側のアップコンバータで元に戻して視聴する必要があった。新サービスでは帯域を2072MHzまで拡張することで、変換不要でBSデジタル放送全12チャンネルを配信・視聴できるようにする。

 年内には「e2 by スカパー!」も見られるようにするほか、来年度にはスカパー!のハイビジョン放送に対応する予定。

 光 ホームタイプ ワイドを利用するにはオプティキャストとNTT東日本が7月1日から提供する「フレッツ・テレビ」と、「フレッツ光」への加入が必要。料金はフレッツ・テレビの料金込み。無料放送のみの光ライトコース(682円)や光パックコース(4957円)など4コースを用意した(フレッツ光料金は別)。

 まずは東京23区や神奈川県横浜市・川崎市など首都圏の一部の地域で始め、今後エリアを拡大していく。申し込みは6月24日に始める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -