ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年07月18日 07時52分 UPDATE

Nokia決算、リストラ費用がかさみ純利益61%減

Nokiaの4〜6月期決算は、ドイツの工場閉鎖やリストラに関連する費用が響き、6割の減益に。売上高は4%増。

[ITmedia]

 フィンランドの携帯電話メーカーNokiaは7月17日、第2四半期(4〜6月期)決算を発表した。

 売上高は前年同期から4%増えて132億ユーロ、純利益は同61%減の11億300万ユーロ(1株当たり0.29ユーロ)。ドイツの工場閉鎖やリストラに関連する費用46億ユーロが響いた。

 同社の第2四半期の携帯電話販売台数は、前年同期比21%増の1億2200万台。携帯電話市場におけるシェアは、前年同期の推定38%から40%に拡大した。携帯電話の平均販売価格(ASP)は前期の79ユーロから74ユーロに下落したという。

 同社は携帯電話業界全体について、第3四半期には前期よりも携帯電話の販売台数が増え、2008年の携帯電話出荷台数は前年から10%以上増えると予測している。

関連キーワード

Nokia(ノキア) | 決算 | リストラ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.