ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年08月06日 07時35分 UPDATE

AT&T、グローバルなクラウドコンピューティング事業に参入

AT&Tが、クラウドコンピューティングサービス「Synaptic Hosting」の提供を開始した。

[ITmedia]

 米AT&Tは8月5日、グローバルな次世代ユーティリティコンピューティングサービス「AT&T Synaptic Hosting」を立ち上げた。企業向けに必要なときに必要な分のみ、アプリケーション管理やコンピューティングリソース、データストレージなどの各種サービスを提供する。

 同社はこのサービスに2006年に買収したUSinternetworkingの技術を採用し、米国内とシンガポール、アムステルダムの計5カ所に設置する「スーパーIDC(インターネットデータセンター)」をクラウドネットワークへの地域ゲートウェイとして機能させる。AT&Tは世界全体で計38カ所にIDCを持つが、5カ所のスーパーIDCから、同社のIDCホスティングインフラ全体にサービスを提供する形。将来的にはさらにIDCの数を増やし、地域ごとのネットワークインフラを拡充していく計画だ。

 米オリンピック委員会の公式サイトが既にSynaptic Hostingを利用しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.