ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年11月14日 19時53分 UPDATE

チャンドラー「さらば愛しき女よ」がDSゲームに

レイモンド・チャンドラーの小説を原作にしたDSゲーム「さらば愛しき女よ」が登場。

[ITmedia]

 プリクラなど業務用ゲームを手掛けるフリューは11月14日、レイモンド・チャンドラーの小説を原作にしたゲーム「さらば愛しき女よ」など、ニンテンドーDS用の2タイトルを来年春に発売すると発表した。同社の家庭用ゲームの第1弾となる。

画像 「さらば愛しき女よ」(C)2008 Raymond Chandler Limited, a Chorion company. Raymond Chandler and Farewell My Lovely are trademarks of Raymond Chandler Limited, a Chorion company. All rights reserved.(C)2008 ICM Limited (C)FURYU CORPORATION 2008.All Rights Reserved.

 「さらば愛しき女よ」は、チャンドラーの同名長編小説を原作にした推理ゲーム。主人公の探偵フィリップ・マーロウが、さまざまな証拠品や情報を元に、事件を解決していく。プレイヤーの選択によっては、原作とは異なったストーリーが展開され、原作を読んだ人でも楽しめるという。

画像 「ラストバレット」(C)FURYU CORPORATION 2008.All Rights Reserved.

 アドベンチャーゲーム「ラストバレット」も発売する。主人公の美少女・響花梨がスナイパーとして謎の組織に立ち向かうというストーリー。シューティングゲームの要素も盛り込んだ。キャラクターデザインは、ライトノベル「狼と香辛料」のイラストで知られる文倉十さんが担当する。

 価格はそれぞれ未定。

 フリューは旧オムロンエンタテインメントがMBO(経営陣による買収)で独立した企業。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.