ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年11月19日 07時00分 UPDATE

Yahoo!リサーチに新サービス 検索行動データを調査に活用

Yahoo!JAPANの検索行動データに基づいたインターネットリサーチサービス「Search Insight」が始まった。

[ITmedia]

 ヤフーとヤフーバリューインサイトは11月18日、「Yahoo!リサーチ」で、新サービス「Search Insight」を始めた。特定期間に「Yahoo!JAPAN」で任意のワードを検索したユーザーを対象にインターネットリサーチを行い、アンケートデータを納品する。

 ネット上の広告接触や検索行動などの解明をテーマに両社が共同研究するネットリサーチシリーズ「Data Insight」の第1弾サービス。指定したワードで検索したユーザーの属性(性別・年代・地域など)や検索の動機、検索前後の行動、検索ワードへの関心度などを調査する。

 企業は入手したデータを元に、リステング広告のタイトルや説明文を改善し、クリック率やコンバージョン率を高めるといったことが可能だ。テレビCMから検索を経て自社サイトへ誘導をかける際に、狙い通りのターゲットを誘導できたかを把握し、プロモーションの効果を測定するといった活用も想定している。

 両社は今後、Yahoo!JAPANのアクセスログや購入履歴などのデータとリサーチノウハウを融合させ、リサーチサービスの拡充に努めるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.