ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月16日 08時12分 UPDATE

Yahoo!、検索結果にWikipediaの一部を標準で表示

「Wikipedia SearchMonkey App」がデフォルトでオンになり、検索結果にWikipediaが含まれる場合、写真、目次とテキストの一部が表示されるようになった。

[ITmedia]

 Yahoo!は1月15日、Yahoo!検索の結果にWikipediaへのリンクが含まれる場合、説明内容の一部を標準で表示されるようにしたと発表した。同社の開発プラットフォームSearchMonkeyで開発された新しいアプリケーション「Wikipedia SearchMonkey App」を常にオンの状態にすることで実現しているという。

 WikipediaのSearchMonkeyアプリはこれまでも公開されており、Yahoo!はアプリの利用状況を過去数カ月間にわたって観察した結果、今回新たなアプリケーションを開発したという。

 このWikipediaアプリは、検索結果のWikipediaページの記事の最初の4行、目次の最初の4項目に直接飛べる抜粋を表示する。該当ページに写真が掲載されていれば、写真も表示する。

 例えば、モダン家具に興味があり、イームズの椅子について知りたいとする。「Eames chair」で検索すると、2件のWikipediaが表示される。写真やテキストが表示されるので、どちらの情報がより目的に近いかをクリックする前に判断できる。

eams

 この機能は「Options」の「Preference」の「Enhanced Results」でオフにすることもできる。

 Wikipeda以外の参照サイトに対応したSearchMonkeyアプリとしてはHowStuffWorks、eHow、CIA World Factbook、Merriam-Websterなどがあり、ギャラリーから追加することができるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.