ニュース
» 2009年01月28日 07時00分 UPDATE

NEC、債務超過のNECトーキンを完全子会社へ

NECは、電子部品製造のNECトーキンを完全子会社化する。NECトーキンは業績不振から債務超過に陥っている。

[ITmedia]

 NECは1月27日、電子部品製造子会社のNECトーキン(東証1部)を完全子会社化すると発表した。経営不振のNECトーキンは債務超過に陥っており、完全子会社化と資本増強で事業継続を図る。

 NECトーキンが2月20日払い込みで実施する総額380億円の第三者割当増資をNECが引き受けた上で、5月末までに株式交換契約を締結、6月下旬開催のNECトーキン定時株主総会で承認を目指す。完全子会社化した場合、NECトーキンは上場廃止となる見込み。

 NECトーキンは2002年、NECのキャパシタ事業などを旧トーキンに統合して設立。昨年後半の景気後退でPCや携帯電話などの市場が急速に縮小するなどし、経営状態がさらに悪化した結果、昨年末時点で債務超過に陥っていた。

関連キーワード

NEC(日本電気) | 子会社化 | 上場廃止


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -