ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年02月16日 17時16分 UPDATE

IntelとLG、Moorestown搭載の小型Linuxデバイスで協力

LGは、IntelのMoorestownプラットフォームとLinuxベースのMoblinを採用したデバイスを投入する。

[ITmedia]

 韓国のLG Electronicsと米Intelは2月16日、Linux搭載の小型インターネットデバイス開発で協力することを明らかにした。

 両社が取り組むのはMID(モバイルインターネットデバイス)と呼ばれるポケットサイズのネット対応機器。IntelのMID向けプラットフォーム「Moorestown」と、LinuxをベースにしたモバイルOS「Moblin v2.0」を搭載する。

 Moorestownは、Intelの第2世代MIDプラットフォームのコードネーム。45ナノメートルAtomコアと、グラフィックスLSI、メモリコントローラなどをシングルチップにまとめたシステムオンチップ(SoC)の「Lincroft」と、無線接続や各種I/Oをサポートするハブ「Langwell」で構成されている。Moorestown搭載のMIDは、Atomプロセッサ搭載のMIDと比べてアイドル時の消費電力が10分の1以下に減るという。

 MoorestownとMoblin v2.0を搭載したMIDは2010年までに登場の見込み。

 LGはまた、MID向けの3Gネットワーク接続機能に関してEricssonと協力している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.