ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年03月04日 09時02分 UPDATE

CeBIT 2009:IBMとSAP、「クラウドでSAP」のデモ

POWER6システムの仮想化機能により、SAPのアプリケーションをクラウドで利用できるようになる。

[ITmedia]

 米IBMと独SAPは3月2日、ハノーバーで開催のCeBITにおいて、クラウド上のPOWER6システムでSAPのアプリケーションの「ライブマイグレーション」のデモを披露した。この技術はIBMが昨年欧州の企業や大学とともに立ち上げたクラウドコンピューティングの共同研究イニシアチブ「RESERVOIR(Resources and Services Virtualization without Barriers)」の下で開発された。

 ライブマイグレーションとは、ある物理サーバで稼働中の仮想マシンを、停止させることなく別の物理サーバに移動させる技術。POWER6の仮想化機能である「ライブ・パーティション・モビリティ(Live Partition Mobility)」によって、ユーザーは複数の仮想マシンでSAPアプリケーションを稼働させることができる。

 RESERVOIRは、イスラエルにあるIBM Haifa Research Labが中心となり、SAP、米Sun Microsystems、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ、コンプルテンセ大学マドリード校などが参加している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.