ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年05月11日 07時00分 UPDATE

Microsoft、3Dモデル技術をVirtual Earthに統合

Microsoftは「Photosynth」技術をオンライン地図サービス「Virtual Earth」に統合し、商業利用も可能にした。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月7日、写真から3Dモデルを作成する「Photosynth」技術を、オンライン地図サービス「Virtual Earth」に統合したと発表した。商業利用も可能になった。

 Photosynthはデジタル写真をつなぎ合わせて3Dモデルを作成する。この技術をVirtual Earthに統合することで、例えば、不動産業者がVirtual Earth上で物件の3Dモデルを見せるといったことができるようになる。

 今回、3Dモデルの表示にSilverlightを使うようになったため、Windows以外のプラットフォームでも利用できるようになった。また、商業利用向けアップデートとして、3Dモデルを公開するかどうかを設定したり、重要な画像をハイライト表示できる新機能を加え、ナビゲーションも改良している。

 既に米航空宇宙局(NASA)や旅行ガイドVisitBrightonがPhotosynthとVirtual Earthを活用している。

ah_synth.jpg VisitBrighton

 MicrosoftはPhotosynthの商用ライセンスを販売するが、個人向けの無償提供も続けるとしている。

関連キーワード

3D | Virtual Earth | Microsoft | 地図 | Silverlight


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.