ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年05月13日 07時00分 UPDATE

ビクター、スーパーハイビジョン用プロジェクターを開発

7680×4320ピクセル表示の「スーパーハイビジョン」用プロジェクターをビクターが開発した。

[ITmedia]

 日本ビクターは5月12日、7680×4320ピクセル表示の次世代テレビ「スーパーハイビジョン」(SHV)用D-ILAプロジェクターを開発したと発表した。

画像

 RGBそれぞれに3500万画素(8192×4320ピクセル)のD-ILA表示デバイスを採用した。従来のSHV用プロジェクターは、829万画素(3840×2160ピクセル)の表示デバイスを使い、グリーンのみ画素ずらしで4000TV本の動画解像度を実現していたが、新製品はRGB全色で4000TV本の解像度が得られる。

 輝度は、D-ILA方式のプロジェクターとしては最も明るい1万ルーメン、コントラスト比は5500:1。明るさは従来のSHV用プロジェクターの1.5倍、コントラスト比は3倍、消費電力は約半分という。

 サイズは1080(幅)×1250(奥行き)×456(高さ)ミリ、重さは168キロ。

 5月21日〜24日に開かれるNHK放送技術研究所(東京都世田谷区)の一般公開で展示する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.