ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年07月02日 07時00分 UPDATE

ストレージクラウド構築で新ビジネス エアネットとニューテックが提携

エアネットとニューテックが、ネットワークとストレージ基盤を活用したクラウド型サービスモデルの事業化に向けて提携する。

[ITmedia]

 エアネットと独立系ストレージベンダーのニューテックは7月1日、ネットワークとストレージ基盤を活用した新しいサービスモデルの事業化に向けて提携すると発表した。エアネットの顧客向けに、ストレージをネットワークサービスとして提供するクラウド型のビジネスモデルを共同開発し、事業化を目指す。

 エアネットは企業向け接続サービスやホスティング、グループウェアのASPサービスなどを手がけたネットワーク技術、ニューテックはストレージ製品の開発力と利用技術でそれぞれ実績を持つ。両社の技術を融合してストレージクラウド基盤を構築し、新サービスの具体化に乗り出す。

 今後、新ビジネスモデルとして、ホスティング利用者向けのオンデマンドサービスや、企業向けバックアップサービス、メールアーカイブサービスなどを検討していく。

 エアネットはクラウドコンピューティング市場への布石としてストレージノウハウを持つニューテックと協力し、データセンターを基盤にしたサービスビジネスの拡大を図るとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.