ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2009年07月07日 07時00分 UPDATE

ジャストシステム、企業向け大容量ファイル送信システム「親展通信」

ジャストシステムは企業向け大容量ファイル送信システム「親展通信」を始めた。相手のメールアドレスが分かれば利用でき、決裁者の承認を得てから送信する機能もある。

[ITmedia]

 ジャストシステムは7月6日、大容量ファイルをセキュアに送信できる企業向けファイル送信サービス「親展通信」を始めた。相手先のメールアドレスが分かれば送信でき、事前登録も不要。10ユーザーで月額1890円から。

 1度の送信で10ファイル、合計200Mバイトのデータ送信ができるサービス。専用サイトでファイルをアップロードし、受信者のメールアドレスを入力すると、「預かり通知メール」を受信者に送信する。

 受信者が、預かり通知メールに書かれたURLからパスワードを設定すれば、ファイルのダウンロード用URLが届く。URLにアクセスし、メールアドレスと設定したパスワードを入力すればダウンロード可能だ。

 ファイルのダウンロード・アップロード時の通信は、128ビットSSLで暗号化した。アップロードしたファイルは120時間後に自動で削除される。

 決裁者などの承認を得てからファイルを外部に送る機能も。ファイルのアップロードと同時に、決裁者に設定したメールアドレスに通知が届き、決裁者は「承認」「却下」を選べる。複数の決裁者を設定することもでき、すべての決裁者が承認すれば相手先にメールが届く仕組みだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.