ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年07月16日 07時00分 UPDATE

富士通、オートバックスIT子会社を共同運営

富士通がオートバックスセブンのIT子会社株式を取得。顧客のIT部門を共同運営するマネジメントサービスで情シス活用を支援する。

[ITmedia]

 富士通とオートバックスセブンは7月15日、富士通がオートバックスセブンのIT子会社株式を取得し、共同運営することで基本合意したと発表した。

 オートバックスセブンの100%子会社オートバックスシステムソリューション(ABSS)株式の約85%を富士通が取得。社名を変更して10月1日から業務を開始する予定。

 富士通は顧客のIT部門やIT関連会社を共同展開するマネジメントサービスを2002年から提供している。ABSSを共同運営することで情報システムの効率を向上させ、オートバックスグループの情報システム活用を支援するとしている。

関連キーワード

富士通 | 情報システム子会社


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.