ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年07月31日 07時00分 UPDATE

NECの4〜6月期は営業赤字400億円

NECの4〜6月期は、営業損益が400億円の赤字に。PC・携帯を含むパーソナルソリューションは黒字だった。

[ITmedia]

 NECが7月30日発表した2009年4〜6月期の連結決算は、営業損益が400億円の赤字(前年同期は41億円の黒字)だった。売上高は22.3%減の7785億円にとどまるなど、減収の影響が響いた。ただ、当初計画は上回っているという。

 経常損益は450億円の赤字(同71億円の黒字)、最終損益は338億円の赤字(同5億円の黒字)だった。

 ITプロダクト事業は売上高が37.5%減の391億円、営業損益は235億円悪化して110億円の赤字となるなど、落ち込みが大きかった。PCと携帯電話を含むパーソナルソリューション事業の売上高は17.1%減の1950億円にとどまったが、コスト削減が奏功し、営業損益は28億円増の87億円の黒字だった。

 通期予想は据え置き、売上高が3兆7300億円(前期比11.5%減)、営業損益が1000億円の黒字(前期は400億円の赤字)など。

関連キーワード

NEC(日本電気) | 決算 | 携帯電話


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.