ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年08月10日 09時52分 UPDATE

Dell、Inspiron Mini 12の販売を終了

Dellは「10インチディスプレイがNetbookのスイートスポット」だとしており、それより大きなサイズの新製品も示唆している。

[ITmedia]

 米Dellは8月8日、12インチディスプレイ搭載のNetbook(小型ノートPC)「Inspiron Mini 12」の販売を終了することを明らかにした。

 同社はMini 12を終了するからといって、Netbookに力を入れなくなるわけではなく、「多くの顧客にとっては10インチディスプレイがNetbookのスイートスポット」だと説明している。このため同社はNetbookの10インチモデルを2種(「Mini 10」と「Mini 10v」)と学校向けの10.1インチモデル「Latitude 2100」を提供している。

 Netbook利用者には携帯性がポイントだと同社は述べ、「それよりも大きめのノートPCが本当に使い物になるにはもう少し処理能力が必要だ。それについては後ほどお知らせする」と新たな製品に取り組んでいるとも受け取れる発言をしている。現在、MicrosoftはNetbookよりも画面が大きくて処理能力が高い「ウルトラシン(超薄)」PCを推進しており、Dellの新製品はこのカテゴリーのものになるかもしれない。

 Dellはまた、6月にInspiron Mini 9の販売終了を発表している。Dell Mini 9および12は米国ではまだ入手可能という。

関連キーワード

Dell | Dell Inspiron Mini | Netbook | Inspiron | ミニノートPC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.