ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年11月06日 07時50分 UPDATE

Google、アカウント情報を一望できる「Google Dashboard」発表

自分がGoogleでどのサービスを使っているか、どの情報を公開しているかをまとめて把握し、設定を変更できるダッシュボード機能が公開された。

[ITmedia]

 米Googleは11月5日、ユーザーが自分のGoogle Accountの情報を一覧できる「Google Dashboard」を立ち上げたと発表した。Googleが保存しているユーザーデータに関する透明性を高め、ユーザーによるプライバシー管理を支援するのが目的という。

 Google Dashboardには、ユーザーが自分のアカウントでログインして利用しているGoogleのさまざまなサービスの利用状況と、各サービスの個人設定へのリンクが表示される。対象となるサービスはGmail、カレンダー、iGoogle、YouTube、Web履歴、Google Docs、Picasa、Google Mapsなど20以上になる。

dashboard

 例えばGmailでは受信ボックスや送信ボックス内のメール数、Google Talkでのチャット履歴(保存する設定にしている場合)と、チャット履歴を保存するかどうかの設定、Gmail設定へのリンクが表示される。カレンダーやPicasaでは、情報を公開しているかどうかがアイコンで分かるようになっている。

 Dashboardを見るには、Google Accountでログインして「Google accounts」のページを表示し、プロフィールにある「ダッシュボード このアカウントに保存されているデータを表示」を選択する。個人情報が関係するサービスを利用している場合は、再度パスワードの確認を求められる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.