ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年11月20日 07時00分 UPDATE

ソニー、12年度までに営業利益率5%・ROE10%目指す新経営方針

ソニーがテレビ事業やゲーム事業の黒字化、新サービス、3Dの本格展開などを柱とした新経営方針を発表。12年度までに営業利益率5%達成を目標に掲げる。

[ITmedia]

 ソニーは11月19日、新経営方針を発表した。テレビ、ゲーム、デジタルイメージングの3中核事業で安定的な収益力確保を目指すほか、ソニー製品共通の新ネットワークサービスや3D(立体視)の本格展開などを進め、2012年度までに売上高営業利益率5%、株主資本利益率(ROE)5%の達成を目指す。

photo 新経営方針を発表したストリンガーCEO(中央)らソニー首脳=19日、都内のソニー本社

 液晶テレビ事業は10年度の黒字化、12年度の世界シェア20%達成(台数ベース)が目標。ゲーム事業は10年度の黒字化を目指し、プレイステーション 3(PS3)のコストダウンによる採算性改善を図っていく。デジタルイメージング事業では、一眼レフ「α」のラインアップ拡充や、イメージセンサーなどキーデバイスによる高付加価値化などを進めていく。

 3300万アカウントを抱える「PlayStation Network」をベースに、ソニー製品共通の新ネットワークサービスを立ち上げる計画で、同事業で12年度までに年間3000億円規模の売り上げを目指す。ネットワークモバイル分野も拡大し、Android端末を発表したSony Ericssonとの連携強化を図るほか、米国で好調な電子書籍端末は12年度までに世界シェア40%確保を目標に掲げる。

 10年度からは全社を挙げて3Dを本格展開。ハードウェアとコンテンツの両方を抱える強みをいかし、液晶テレビやBlu-ray Disc、PS3向け3Dゲームなどを展開。12年度に、コンテンツをのぞき1兆円超の売り上げ規模に育てたい考えだ。

 リチウムイオンバッテリー事業では自動車向けへの参入を検討する。

関連キーワード

α | ソニー | 3D | PS3 | ハワード・ストリンガー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.