ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年11月30日 16時56分 UPDATE

「TransferJet」対応LSI、ソニーが商品化

ソニーは、近距離無線伝送技術「TransferJet」規格に対応したLSI 2種類を世界で初めて商品化した。今月から出荷する。

[ITmedia]

 ソニーは11月30日、近距離無線伝送技術「TransferJet」規格に対応したLSI 2種類を世界で初めて商品化したと発表した。今月から出荷する。

画像 「CXD3267AGG」と「CXD3268AGW」

 TransferJetは、ICカード機器のようにかざすことで、最高560Mbpsの高速データ通信が可能な次世代無線伝送技術。複雑な接続設定不要で、手軽に大容量ファイルをやりとりできる。同社が開発し、大手家電メーカーなど19社で構成するTransferJet Consortiumが規格を策定してきた。

 開発したLSIは、ホストインタフェースがPCI/Mini PCIの「CXD3267AGG」(サンプル価格1500円)と、SDIOの「CXD3268AGW」(同)の2種類。それぞれサイズは11.0×11.0×1.0ミリ、8.0×5.5×0.78ミリに抑えた。CMOSプロセスで無線機能や信号処理機能、ホストインタフェースを単一パッケージに収めた。外付け部品は少数で済み、小型機器への搭載も容易だとしている。

 今後、LSIを搭載したモジュールも提供する。モバイル機器向けの小型タイプや、ノートPC向けのPCI Express Miniカードタイプ、USB接続用をラインアップに加える予定。

関連キーワード

TransferJet | LSI | ソニー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.