ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2009年12月07日 07時00分 UPDATE

MS、若者の就労をIT講習会やサイトで支援

マイクロソフトは、ITを活用して若者の就労を支援するプログラムを始める。NPOと協力し、若者に実践的なITスキルを身につけてもらう。

[ITmedia]

 マイクロソフトは、ITを活用して若者の就労を支援するプログラムを来年1月から始める。NPOと協力し、Officeを使用した文書作成やWebサイト構築などのスキルを若者に身につけてもらう。

 政府事業の「地域若者サポートステーション」を受託するNPOと連携し、2年間で全国25カ所が対象。15〜39歳の無職の男女を対象に、Word、Excel、PowerPointを活用した文書作成、Accessによるデータ管理、Webサイト構築という3段階の講習を行い、実践的なITスキル獲得を支援する。

 また来年4月にはポータルサイトを開設。誰でもアクセスして講習を受けられるようにする。

 講習の受講者6000人、ポータルサイト経由のコンテンツを7万5000人に提供するのが目標。

関連キーワード

Microsoft | 非営利団体・NPO | スキル | IT活用


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.