ニュース
» 2010年01月19日 21時13分 UPDATE

かざして歩数をPC転送 タニタ、FeliCa対応歩数計

タニタは、FeliCaに対応し、3Dセンサーを搭載した歩数計を発売した。

[ITmedia]
photo FB-730

 タニタは1月19日、非接触IC技術・FeliCaに対応し、3軸加速度センサーを搭載した歩数計「FB-730」を法人向けに発売した。歩数などの計測記録をFeliCaを利用してPCなどに転送、保存できる。7035円。

 PCに内蔵した「FeliCaポート」や、リーダー/ライター「PaSoRi」にかざせば、身体活動量や消費カロリー、歩数といった計測記録を転送できる。

 かざすだけでデータを転送できるため、健康保険組合や企業など大人数の健康管理をする際に、利用者と管理者双方の負担を軽減できるとしている。

 同社の会員制健康管理サービス「からだカルテ」と連携。サイトへのログイン認証にも利用できる。将来は、体組成計や血圧計などもFeliCaに対応させ、データを歩数計で吸い出してまとめてPCに保存といった用途も考えているという。

 サイズは、11(厚さ)×78.5(幅)×40(高さ)ミリ。重さは25グラム。色は白の1色。

関連キーワード

FeliCa | 歩数計 | タニタ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -