ニュース
» 2010年05月27日 07時00分 UPDATE

「Googleの米国での経済効果、540億ドル」の報告

Googleは、2009年にAdWordsやAdSenseを通じて、米国に540億ドルの経済効果をもたらしたとしている。

[ITmedia]

 Googleは5月25日、同社が米国にもたらした経済効果について報告した。2009年には540億ドル相当の経済活動を生み出したと主張している。

 「Google検索および検索連動広告Google AdWords」「コンテンツ連動広告AdSense」「非営利団体向けの広告プログラムGoogle Grant」がもたらす経済的価値を基に、Googleが米国に与えた経済的影響を推算した。

 その結果、2009年に同社は米国の企業、Webサイトパブリッシャー、非営利団体に合計で540億ドルの経済活動を生み出したとしている。各州ごとに経済効果をまとめた報告書も公開しており、例えば同社の本拠地があるカリフォルニア州には141億ドルの価値をもたらしている。

 「景気の回復が緩やかで予算が緊縮されている折り、ターゲット広告を通じて、全米の多くの小規模企業や起業家が効率的に新規顧客を見つけ、Webサイトをマネタイズする手助けができたことをうれしく思う」とGoogleは述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -