ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2010年09月01日 16時20分 UPDATE

CEDEC 2010:「デバイス・OSフリーへ」 DeNA南場社長が語るスマホ時代のゲームプラットフォーム論 (2/2)

[宮本真希,ITmedia]
前のページへ 1|2       
画像 スマートフォン時代のソーシャルゲームプラットフォーム

 一方、ソーシャルゲームで急激に売上高を伸ばしているモバゲーは、端末やキャリアの差を、プラットフォームで吸収する構造。ゲームメーカーはモバゲーにゲームを提供するだけで、端末やキャリアをまたいでマルチプラットフォームに展開でき、多くのユーザーを獲得できる。

 iPhoneやAndroidなどさまざまスマートフォンが流通し、それぞれのアプリストアが拡大していくと見られる今後、「OSやデバイスに関係なくゲームを楽しめる環境をどうやって作っていくか」が肝。スマートフォンでも、キャリアや端末の差を埋められるクロスデバイスのプラットフォームが重要な役割を担うとみる。

 日本の携帯サービスは“ガラパゴス”と揶揄(やゆ)されるが、日本のサービス事業者が携帯ユーザーのニーズを「一番知っている」。例えば携帯小説。海外で通用すると思われていなかったが、DeNAが米国で展開する携帯サービスで小説投稿機能を用意したところ、モバゲーの倍・全ユーザーの8%が書くようになったという。

 「われわれこそが進んでいる。このアドバンテージはあと1年あるんじゃないか。日本人だからできないということは全然ない」と力強く宣言。「DeNAは世界で挑戦したいと思っています。閉じられた日の丸ではなく、オープンな日の丸でいたい」と話し、「グローバル市場への挑戦を一緒にしていきませんか」と呼び掛けた。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.