ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年10月12日 07時46分 UPDATE

Google、最初の音声認識サービス「GOOG-411」を終了へ

Googleは、多国語対応の次世代音声認識サービス開発に集中するため、音声による地域情報検索サービス「GOOG-411」の提供を終了する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月8日(現地時間)、米国とカナダで提供している音声認識技術を活用した地域情報検索サービス「GOOG-411」を11月14日に終了すると発表した。

 同サービスは、フリーダイヤル「1-800-GOOG-411」に電話をかけ、レストランやショップなど、目的地の名前を言うと、無料で電話をつないでもらえるサービス。Google初の音声認識技術を使ったサービスとして、2007年にスタートした。

 Googleは、同サービスを開発・運営することで、スマートフォン向けの音声検索機能や音声による命令アプリ「Voice Actions for Android」などの音声認識サービス開発の基礎を築くことができたという。Voice Actionsでは、GOOG-411と同様に音声での命令で電話をかけることが可能だ。

 GOOG-411終了の理由として、複数言語に対応した次世代音声認識サービスの開発にリソースを集中させるためとしている。

 スマートフォンを持っていないユーザーに対し、サービス終了後は従来のテキストメッセージによる電話番号案内か、Gmailの無料通話発信サービスを利用するよう勧めている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.