ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年12月15日 07時00分 UPDATE

サムスンがインテルに迫る、2010年の半導体ランキング

インテルは19年間連続で半導体売上高1位の座を維持する見込みだが、その一方でサムスンが急ペースで成長している。

[EE Times Japan]

 市場調査会社である米国のガートナーは、2010年の半導体売上高ランキングを発表し、インテルがこれまでの予測通り、19年間連続で第1位の座を維持する見込みであることを明らかにした。しかし、インテルの世界半導体売上高のシェアに関しては、2009年の14.2%からわずかに減少し、13.8%になる見込みだという。

 ガートナーによれば、インテルの2010年の売上高は、24.6%伸びて414億米ドルに達する見込みだ。ただし、半導体業界全体としては、低迷していた2009年から31.5%の成長を遂げていることから、インテルの成長率はそれを下回ることになる。一方でランキングの第2位につけるサムスン電子は、2010年の半導体売上高で60%の伸びを見せ、金額では約283億米ドルに達すると予測されている。世界半導体売上高における同社のシェアは、2009年の7.9%から、2010年は9.4%に拡大する見込みだ。→続きを読む

この記事はEE Times Japanから転載しています。

Dylan McGrath:EE Times 翻訳 田中留美、編集 EE Times Japan


関連キーワード

半導体 | Intel | 半導体市場 | Samsung | Gartner


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.