ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年01月06日 14時03分 UPDATE

夏にはLTE対応Androidタブレットも:AT&T、2011年半ばにLTEサービスを開始

米大手キャリアのAT&Tが、LTEサービスを2011年半ばにスタートし、2013年にはネットワーク構築を完了すると発表した。第1四半期中にMotorolaとHTCのLTE対応Androidスマートフォンを発売する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米AT&Tは1月5日(現地時間)、LTEサービスを2011年半ばにスタートすると発表した。第1四半期(1〜3月)には米Motorola Mobilityと台湾HTCのLTE対応端末を独占的に発売する。

 2013年末には全米でのLTEネットワーク構築を完了させる見込みという。また、同社が2009年末から行っているHSPA+への移行はほぼ完了し、下りでは最大6Mbpsの通信速度を実現していることも明らかにした。

 対応端末は、2011年末までに20種類のスマートフォンやタブレット、ネットワークカードなどを提供する。そのうち12機種がAndroid端末になるという。第1四半期にはデュアルコアのNVIDIA Tegra 2搭載の「Motorola ATRIX 4G」と次世代HTC Sense対応の「HTC Inspire 4G」が、第2四半期には韓国のSamsungから4.5インチの大画面と薄さが特徴の「Samsung Infuse 4G」が発売になる予定だ(いずれもOSはAndroid 2.2)。また、今夏にLTE対応のAndroidタブレットをローンチする計画もあるという。

 att 左から、Motorola ATRIX 4G、HTC Inspire 4G、Samsung Infuse 4G

 LTEサービスは、米国ではAT&Tの競合である米Verizonが昨年12月に開始しているほか、日本でもNTTドコモが同月に「Xi」(クロッシィ)という名称のサービスを立ち上げている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.