ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2011年02月24日 07時00分 UPDATE

【ISSCC 2011】「スマート」な歯列矯正器を実現するチップ、ドイツの研究チームが開発

歯列矯正器に圧力センサーを内蔵して、1本1本の歯にかかる力を矯正歯科医が把握できる技術をドイツの研究者が開発している。

[EE Times Japan]

 ドイツの研究チームが、「インテリジェント」な歯列矯正器を開発している。歯列矯正器に圧力センサーを内蔵することで、1本1本の歯にかかる力を矯正歯科医が把握できるようにしたものだ。

 米国のサンフランシスコで開催されている半導体集積回路技術の国際学会「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference) 2011」(2011年2月20日〜24日)において、ドイツのフライブルグ大学IMTEK(Institute for Microsystem Technology, University of Freiburg)に所属する博士課程の学生であるMathias Kuhl氏が、このシステムについて発表した。半導体チップに24個の圧力センサーを集積することで、チップ表面で面内応力成分の分布図を2枚作り出す仕組みだ。→続きを読む

この記事はEETIMESから転載しています。

執筆 Dylan McGrath:EE Times (翻訳 仲宗根佐絵、編集 EE Times Japan)


関連キーワード

ISSCC | 研究者 | 半導体 | 回路


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.