ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2011年03月04日 08時52分 UPDATE

フォトギャラリー:ISSCC 2011の注目技術(前編) 〜 目の動きを読み取るOLEDなど

ISSCC 2011では、目の動きを読み取る有機ELディスプレイ、AMDのZacateプロセッサを搭載したミニノートなどが披露された。

[EE Times Japan]

 米国のサンフランシスコで2011年2月20日〜24日に開催された半導体回路技術の国際学会「ISSCC(IEEE International Solid-State Circuits Conference) 2011」では、3000人近い半導体設計者が参加し、数々の革新的な技術を発表した。28のセッションで211件の論文が発表された他、2日間にわたるチュートリアルや連日のイブニングセッションが開催され、会場は今注目の技術に関する議論に沸いた。

 本稿では、ISSCC 2011におけるこれらの発表の中から、12の技術を写真とともに紹介する。写真のほとんどは、今回のISSCCから新たに設けられた実演イベント「Industrial Demo Session」で撮影したものである。2011年2月22日の午後に開かれたイベントでは、13本の論文の執筆者が集まり、発表成果を実際のアプリケーションに結び付けたデモを披露した。→続きを読む

この記事はEETIMESから転載しています。

執筆 Rick Merritt:EE Times (翻訳 滝本麻貴、編集 EE Times Japan)


関連キーワード

2011 | ISSCC | 有機EL | 半導体 | 論文 | AMD | Zacate


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.