ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年04月26日 14時55分 UPDATE

欧亜でトライアル開始:NECとフィリップス、デジタル病理画像診断で協業

NECとフィリップスはデジタル病理画像診断分野で協業する。流通にはフィリップスのチャネルを活用する。

[石森将文,ITmedia]

 NECとフィリップス(本社:オランダ)はデジタル病理画像診断支援システムの開発・販売について協業すると合意した。4月26日にNECが発表した。

 本取り組みは、NECが持つ病理画像診断システム「e-Pathologist(イーパソロジスト)」とフィリップスのデジタルスキャナ病理画像管理システムを組み合わせ提供するもの。これにより病理医は、病理組織スライドの目視試験による定性的分析に加えて、デジタル技術による定量分析を行えるようになる。NECは発表を通じ「デジタル病理画像診断支援システムによる病理診断ワークフローの迅速化、システムによる追加チェックによる診断品質の向上、病理診断の均一化や、最適治療方法選択の精度向上に貢献する」としている。実際の販売については、フィリップスの流通チャネルを活用するという。

 今後両社は、それぞれのシステムを組み合わせたソリューションを欧米やアジアの病院および検査機関でトライアルする計画。

関連キーワード

診断 | NEC(日本電気) | Philips


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.