ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年05月23日 14時48分 UPDATE

中堅・中小のIT市場、2011年は8.6%マイナス成長 IDC予測

東日本大震災の影響で、中堅・中小企業に関するIT市場はすべての産業分野でマイナス成長になるという。

[伏見学,ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは5月23日、国内の中堅・中小企業(社員999人以下)に関する2011〜2015年のIT市場予測を発表した。東日本大震災の影響によって、2011年のIT市場規模は前年比8.6%減となる3兆3810億円と、大幅なマイナス成長となった。

 同調査によると、2011年はすべての産業分野でマイナス成長を予測している。特に、製造(前年比11.4%減)および金融(同10.7%減)が顕著である。ただし、震災を契機に中堅・中小企業でも、事業継続性、災害対策、節電対応を目的としたデータセンターやクラウドコンピューティングの需要が拡大していくとしている。

 2012年には、サプライチェーンの回復や復興需要の拡大などによって、金融を除いた各産業分野でプラス成長に回復するとみている。

国内中堅中小企業IT市場 前年比成長率予測(2009〜2010年は実績、2011年以降は予測) 国内中堅中小企業IT市場 前年比成長率予測(2009〜2010年は実績、2011年以降は予測)

関連キーワード

SMB | IDC | 東日本大震災


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.