ニュース
» 2011年05月26日 09時16分 UPDATE

Google Mapsのモバイル版、利用者が2億人を突破

Googleによると、Google Mapsの利用の40%以上はモバイル端末からで、モバイル版Google Mapsのユーザー数は2億人を超えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月25日(現地時間)、Android版Google Mapsのバージョンを5.5にアップデートしたと発表した。その際、モバイル版Google Mapsの(Webブラウザ、アプリを合わせた)ユーザー数が2億人を超えていることを明らかにした。同社によると、モバイル端末からのGoogle Mapsの利用は、同地図サービス利用全体の40%以上を占めるという。

 Google Maps 5.5には主に3つの新機能が追加された。

 Google Placesの各ショップのページに、チェックインと評価ができるボタンが追加された。Latitudeでチェックインする場所を選択しなくても、プレイスのページで直接チェックインできるようになった。また、Latitudeのロケーション履歴のページで自宅の位置と勤務地の位置を変更できるようになった。

 google maps 1 プレイスに追加されたチェックインと評価のボタン(左)、ロケーション履歴の「Menu」表示される位置変更機能

 また、主な鉄道の駅のページに、その駅を通る路線別で直近4つまでの発車時刻と、付近の駅のページへのリンクが表示されるようになった。ただし、例えば「新宿駅」で検索するとJRの新宿駅は表示されないなど、まだ十分に対応していないもようだ。

 google maps 2 東京駅の情報はかなり充実しているが、新宿駅ではJRの情報がない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -